システィーの処女

前回の続きです。

システィー_破膜

魚人的な魔物に襲われるシスティー
魚人的な魔物は舌で攻撃するのだが、その唾液には女を欲情させる魔力があった。
不意を突かれ武器を落としてしまう。
それでも魔法で切り抜けようと奮闘。
しかし必死の抵抗も空しく囲まれてしまう。
力も入らず、身体も火照り、それでも意識は最大限拒絶する。
しかしー。
魚人的な魔物の股から禍々しいペニスが。。
激しく抵抗するもゆっくりとペニスが近づき、、
ゴリゴリゴリッ!!!
森の精霊を用いて魔法を使うエルフ属の女戦士は身体を穢さず、処女を守り抜いていた。
激しい痛みとともに、屈辱に顔が歪む、、

こんなイメージで描きましたf(^^;)
リクエストされた方とのやりとりの中で、この設定は生まれました。
もっとも、システィー処女というのと、魚人的な魔物処女を奪われる、といった事は完全なる私の暴走です(笑)
魔物の気持ち悪さとシスティーの屈辱に耐える顔に気を使い描きましたo(^ー^)o

あと一回、続きます!
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

0 Comments

Leave a comment