少女の顔

少女の顔

この絵は練習で描きました。
私にとって、顔だけの絵って意外と難しかったです。ちょっとおかしい話ですが。
勿論、絵を描き始めたばかりの頃…十年程前でしょうか?はもっぱら顔ばかり描いていました。
ところが、徐々に絵を学んでいくにつれ、なかなか顔だけを描くという事をしなくなりました。
顔くらいサクサクっと描けるっしょ?と思ってざざーっと描いてみても、いまいちしっくりくるものが描けませんでした。
何枚か描いていくうちに、単純にデッサン力不足だとか技術面、だけではない事がわかってきました。
それは、”描いている人物の気持ち”です。
なかなか抽象的ですよね。。
モデルさんなんかを用いたり、アニメ等のキャラクターを描くときには、意識せずとも対象の人物の気持ちが絵に自然と表れるものです。
またオリジナルのものでも、背景やシチュエーションを考える時点でそういったものが入るのですが。
顔だけで、頭の中にのみ存在する人物をを描くとき、それが抜けてしまうんですね。。
この子はどういう気持ちでこちらを見ているのだろう?とか。どういうシチュエーションでここにいるんだろう?とかね。
実際にそれが見ている人に伝われば…それはそれで良いのですが、伝わらなくても良いんです。
描くとき、自分の中で自問自答して描けば、きっと今までの絵より、ほんの少しだけ良くなるんじゃないかと思います。

絵を描くとき、ついついデッサンとか技術面で考えがちです。
しかし、実はもっと違うところに、ポイントはあるんじゃないか?と気が付けた一枚です。
勿論技術面での発見も、ありましたが。

奥が深い…というか。。
他の絵描きのみなさんにとっては常識であろうに。。。

いや、しかし。
絵を描くというのは、楽しいもんです(^^)
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

0 Comments

Leave a comment