芽吹く少女

お盆休みに帰省した。
この部屋を出てからまだ半年も経っていないのに、妙に懐かしい感じがする。
母がマメに掃除をしているのだろう。
綺麗になっている旧自室は、既に別の部屋の様で寂しさも感じた。


夕食を終え、自室に引きこもる。
兄夫婦もいて、実家とはいえ落ち着かない。

開放的にパン一になってゲームを始めた。

コンコン

「おじさん、シャワー浴びたー。ゲームしようぜ」
扉を開けると、健康的に日焼けをした少年のようなショートカットの少女が部屋を訪ねてきた。

「おじさん、じゃねぇ!いや、おじさんなんだけど、お兄さんて呼べと何度も…」

「はいはい、にーちゃん。ゲームしようぜ」

「…はいはい」
歳の離れた兄の娘。
姪にあたる彼女には小さな頃から懐かれていた。


「…にーちゃん、ヒーラーをヘルプで出してよ」
「ん、てかさ。お前、脳筋にもほどがあるだろ、アタッカーしかいねーじゃん」

「えー、だってこれしか育ててねーもん」
「いやいや、役割ってもんがあってだな。…取り敢えずヒーラーとタンク、バッファー…」

「にひひ、なんだかんだ言ってにーちゃんと組むと思いっきり暴れられて楽しー」
「…ったく。フォローすんの大変なんだぞ」

「なんだかんだ言ってさ、うちら相性良いよな」
ご機嫌に笑う少年のような笑顔。
屈んだ服の隙間からプックリとした薄ピンク色の乳首が目に止まった。

芽吹く少女

「…ん?どうした?にーちゃん固まって」
慌てて目をスマホに向けるが、乳首が目に焼き付いてゲーム画面が目に入らない。

「い、いや?…てかお前、服ちゃんと着ろよ」
注意するフリをして、今度はバレない様にジックリと乳首を盗み見る。
ムクムクと下半身に血液が集まってくる。

「えー、だってアチーもん。にーちゃんだってパン一でしょ」
「え?ま、まぁ!な!」
慌てて甘勃起し始めたモノを隠す様に身を屈める。

「なんだよにーちゃん、急にパンツが恥ずかしくなったのかよー」
無邪気に彼女は笑った。



夏休みの実家で久しぶりに会った姪の成長を意識してしまう僕。

端的に還元すれば。
ラッキースケベ、パイチラ、です(笑)。

リテラシーが向上して、最近ではほぼ見られなくなったパイチラ。
絶滅危惧シーン。もはやファンタジーです。

ある種の奔放さ。生活感。
一瞬の煌めき。

好きです。


ブログ限定ラフ公開
芽吹く少女_ラフ

今回はこの状態で眠ってました。
イメージの時点で配色まで決まってると楽ですね。

ラフをザクザク描いていると。
今回の様に色が先行する場合。
全体の陰影が先行する場合。
2パターンがあります。

あんまり細部とか意識せず、なるべくイメージを残す事に集中して留める。
これが後々仕上げる時に指針となる。

最近漸くこの事に気付きました。

イメージ的に、データをzipで圧縮する感じですよね。
後に解凍して当時の事を参照しつつ推敲する。
分かり辛いか…な?。

ともかく描いてる時は楽しく。
うっはwwえっろwwwマジ可愛くてヌケるんですけどwwwあー、ヤバいなコレwww
…と半ば狂ってる様な躁状態で描いておく。

決して振り返ってはならない。理性など取り戻してはいけない。
描いている時は。

仕上げる段階で、冷静に。
んー…果たしてエロい…か?
つかこれおかしくない?
そもそもブサ…(ry
等々。

向き合うのは辛いですが、このバランスが大事なのだなと。

理性だけでは絵は描けない。
ギュンギュンになった躁状態の超ポジティブというかアホ?な自分も居ないと。

アホだ、バカだ、世間知らずだ、などと否定して消さないように。
少しそんな自分も大切にしている今日この頃です。
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment