練習2

練習絵1

 これは真面目に練習絵というより、ただの練習で描いていたら存外お気に入りな感じになったので仕上げました。
 偶にあるんです。普段描いている工程をすっ飛ばして、流れのままにザクザクとレイヤーもあまり使わず基本一枚に統合を繰り返していると偶然に気に入った絵になっている事が。
 大抵そんな時は記憶も曖昧で工程もあんまり覚えていない事が殆どなのですが。これもそんな感じでほぼ無意識です。

 練習で描く時は大抵、自分の中でデフォルメというか、見たまんま描く事はしません。
 よく美大予備校の先生に見たまんま描けと言われていましたが、クソガキだった自分は全く聞き耳を持ちませんでした…。
 未だにその癖というか、が抜けなくて。どうしても対象に対して、自分の好きなポイントを最大限引き出し、なるべく理想の感じに近づける様にします。色に関してもリアルな色にあまり興味がないのも、同じです。
 最近、絵に対しては"説得力"が重要だなと感じています。
 正しい形、正しい色、そんなモノを追いかけても面白くないというか、数学の公式をひたすら解いている感じで、私が求めている絵の本質って違うのかなぁと思います。
形的に正しくなくても、色的に間違っていても、それが魅力的に表現出来る"説得力"のある絵であれば、正しさなんてどうでも良いなぁと。
 とは言え、スーパーリアリズムとかも好きなので、相変わらず憧れはしていますが。
数学といえば一時期、証明問題にハマっていました。あれも正しい答えはありますが、そこにたどり着く工程は幾通りもあって…。如何にエレガントに解くか?を愉しんでいました。
 そんな感覚に近いなぁと。

 話が逸れました。
 そんな私のスタンスから、モデルの顔なんかはよく変えて描いています。単純に好みの女の子にしたいってだけでもありますが。
 この絵に関してのポイントは、顔が好みになった事と、少し重力を感じるおっぱい
 ハリのある肌、若い十代の身体も良いですが、しっとりとした"女性"の肌、身体も大変好きなのです。
なるべく口で刺激したくなる乳首を目指しました(笑)

 例によって自分の端末の壁紙は彼女にしました。粗探しです^^
 ただし、お乳首がカットインしない様にPC以外はトリミングして、です。
 安心してください、履いてますよ!と言い訳できる様にf^^;
スポンサーサイト
[PR]

0 Comments

Leave a comment