優等生の素顔

むせ返る様な熱気と湿度。
男と女の汗に性臭が含まれる室内。
男三人が身支度をしている中、裸でぐったりと横たわる一人の女生徒。頬や身体は上気して紅く、激しい情交が行われていた事を物語っている。

優等生の素顔


「ふぅ、良かったぜぇ~。ほら、今日のバイト代だ」
男の一人が煙草を吸いながら金を彼女の脇へと放り投げる。彼女は気怠そうにただ眺めるだけ。
「しかし、世も末だよなぁ、あの名門お嬢様学校の優等生がこんな所で知らない親爺に抱かれてるとはなぁ」
「はっはっはっ、違いねぇ。しかも二穴好きで輪姦わされるのが好きな変態ドM雌豚とはなぁ」
下卑た笑を上げながら背広を着る男達。彼等の薬指には指輪。脂ぎった親爺達の表情はどこかスッキリとしている。
「今度は7~8人、連れてくるからよ。もっと稼がせてやるぜ。あばよ」
バタンと部屋のドアが閉まる。

(…あ、そろそろ帰らないと。今日の塾は九時までだったのよね…)





みたいな感じで描きました。
事後の色っぽい雰囲気、生温かい空気、生々しさ、背徳感。
それらを表現したくて^^
三つ編み眼鏡巨乳ホクロ!清純な意味での好きなものを全部乗せしました(笑)
あとはこの子が赤いエロ眼鏡かけて、拘束具と首輪、ピアスにタトゥーで親爺の子を孕んだら、本当の意味で私の好み全部乗せにになりますf^^;
ハードなものはまた別の機会に…。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

0 Comments

Leave a comment