痴女達の若き飼い主

明治から続く大財閥、それを更に大きく発展させ世界的な億万長者になった偉大な祖父。
その祖父が亡くなったー。
偉大な祖父に溺愛された孫が、祖父の死後の遺言により、誕生日に相続したものは…。

(わくわく…。お爺ちゃんが亡くなったのは悲しいけれど、お爺ちゃんの遺言で、なんかすごいものが貰えるって!)
(なんだろう?去年は運転手付きの外車だったからなぁ。ゲーム100本とかが良いなぁ〜…)


コンコン…

「はい」
「おぼっちゃま、プレゼントをお持ちしました」
「どうぞ」

ガチャ…

「!?…なんでお姉ちゃんと先生が?」

(親戚のお姉ちゃん、いつ来たんだろう?っていうか、大学に進学してからちょっと変わった…?あと先生もどうして??)
訳が分からず固まる孫。

よく見ると彼女達は頬を紅潮させている。思わず「どうしたの?」と聞こうとした瞬間、徐に彼女達は自らの服を脱ぎ始めた。

「!!!」

痴女達の若き飼い主

綺麗なのにいつも無口なメイドお姉さん、いつもその大きな胸を盗み見ていたー。

小さな時からよく遊んでくれた親戚のお姉さん、褐色の肌はいつも眩しくその大きな胸に小さい頃はよく抱かれていたー。

いつも厳しく真面目な家庭教師のお姉さん、ちょっとした恐怖感がありつつも、叱られるのが楽しみだったりするー。


そんな憧れのお姉さん達のおっぱいが…。


「「「今日からあなたが私達の飼い主よ」」」





憧れのお姉ちゃん達に、く、喰われる〜!!(幸せ)

みたいなイメージです^^
さて、前回とその前、続きもので描いていた"幼い婚約者"は、少しお休みして、久しぶりに巨乳を描いてみました。
普段と違うお姉ちゃん達の一面。
なんとも好きなシチュエーションです。
エロゲーとか漫画の読み過ぎで、どうしてもお金持ちって妾が何人も…とか、メイドは性奴隷…とか、そんなファンタジーを想像してしまいます(笑)

この話、実は裏設定が…。
親戚のお姉ちゃんは、実は彼の実母。お爺ちゃんはお父さんでした〜、みたいな事を想像して描いておりました。
1◯歳の美少女と7◯歳の老人の子供…。
彼女が自分の息子に母親と名乗れず、姉として接する、とか。
なんか色々と想像すると楽しいですが。。
う〜ん、収拾がつかなくなりそうだ…(苦笑)
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

0 Comments

Leave a comment