See More Details

Subscribe and get in touch

Read More

堕ちた母

休む事無く続く情交。精液、汗、愛液に塗れ、臭気が鼻を付くはずだが、もはや麻痺してしまった。あんなに嫌がっていた、毛むくじゃらの親爺達。そのイボイボの肉棒が身体を貫く度、明美はだらし無く何度も絶頂を迎えた。何度中に出された事だろう。未経験だったアナルも今やガバガバになり、快感で思考が上手く働かない。。(…妊娠しちゃう…ううん、でも…)(気持ち良い…)(何にも考えられない…。。)快楽に溺れ、もはや肉棒の排泄を受...

 15, 2012   0
Category  メイキング…?